漫画【ドラゴン桜】最強の勉強法⑬【解説と活用方法】

漫画【ドラゴン桜】最強の勉強法⑬【解説と活用方法】

あなたの周りに勉強をあまりしていないのに、なぜか成績がいい人っていませんか?

その人とあなたとの違いは才能だと思っていませんか?

それ、実は、勉強のコツやテクニック、裏ワザを知っているかどうかだけの違いかもしれませんよ!あなたもそのコツをつかめば、きっとその人みたいに短時間の勉強で成績があがります!

そんな勉強のコツやテクニックが満載の漫画がドラゴン桜です。2021年4月から日曜21時から放送されるドラマ「ドラゴン桜2」は、その続編となります。

漫画では、東大受験という皆が興味を引くような目標に向かうテクニックとして書かれているものの、その中には中学生の定期テストでも使えて、勉強の効率が上がる実際に使えるテクニックが満載です。

効果がどれだけあるのかは人それぞれですが、事実として、私も、現役の時にはこれらのテクニックを使っていましたし、講師時代にも同様のテクニックを教えていました。使ってみて損はないテクニックばかりです。

このページでは私の経験も織り込みながら、ドラゴン桜全巻分のテクニックの詳細やより効果を出すための具体的な活用方法を紹介しています

三田紀房

無料試し読みが人気!場所を取らずにコレクション出来てどこでも読める電子書籍が絶対におすすめ!
※電子漫画が初めての方は初めての購入で半額分のポイントが貰え、さらに、試し読みやお得な割引セールがあったり、Yahoo!プレミアム会員と連携するキャンペーンなどお得感満載のeBookJapanがおすすめ!
Advertisement

13巻に出てくる勉強、受験のコツ

効率的な歴史勉強法 後ろから遡り勉強法

 覚えるべき内容が最も多い教科といえば、歴史ですよね。

少しでも効率的に歴史を覚えるための勉強方法が、「なぜ」というキーワードで関連付けを行いつつ、後ろ(現代)から遡って勉強する方法です。やり方は簡単で、歴史の教科書や問題集を後ろからやるだけです。

その効果は大きく2つあります。

  1. 最も入試で出題されやすい現代、近代を一番記憶に残りやすい最初に勉強できる
  2. 歴史上の出来事を「なぜ、起こったのか」の観点で過去に遡って確認することで、出来事の間に関連付けが行われ、記憶に定着しやすい。特に人間の感情に着目するとさらに効果的です。       

この方法と、他の巻でも紹介している簡単記憶術メモリーツリーと組み合わせて、歴史をさくっと攻略しちゃいましょう!

国語の選択問題はたった5つの選択肢ルールを知っていれば簡単

国語の選択問題って、みなさん、どれくらい正解できますか?どれも、似たようなことが書いてあって、どれが正解?と悩んだり、絶対これが答え!と思って選んだ答えが間違っていたことはありませんか?

実は国語の選択問題には、正しい答えを選ぶ(=間違えた答えを消す)ためのルールがあります。それさえ知っていれば、国語の選択肢問題はきっとあなたの得点源となってくれますよ!実際作中では、国語の選択肢問題は、本文を読む必要すらないとまで言っています!(さすがにそれは言い過ぎな気もしますが(笑

まず、国語の選択肢問題の基本は、「消去法」ということです。4つの内から1つを選ぶ問題であれば、3つの間違えた選択肢を消すことで、残りの一つが正解になります。

では、間違えた選択肢って何でしょうか?問題を作る人の立場になって考えると、間違えの選択肢は、明らかに間違っていないといけません。そして、その間違え選択肢のパターンはたった5種類しかありません。

つまり、選択肢が、間違え選択肢パターンのどれかにあたらないか?だけを考えれば正解できてしまうのです。

1.反対

これは、正解と全く逆のことをいっている選択肢です。さすがに逆のことを言っていることは本文を読めば、すぐ分かるので、一番簡単に消せる間違い選択肢です

2.すり替え

本文中にも出てくる言葉を使って、本文とは別の論旨を言っている選択肢です。本文中の同じ言葉を使っている文と見比べてみて、言っている内容が違えば、すり替えなので、消してしまってOKです。

3.言い過ぎ

本文の内容を誇張して言っている選択肢です。これが一番、気づきにくいです。例えば、「夢を持つのはよいことだ」と書いてある文章に対して、「夢を持つのは絶対に必要だ」などと、そこまでは言ってない内容で誇張している場合です。見分け方には簡単なコツがあり、次のどれかの言葉が使われていたら、言い過ぎだと疑いましょう。

言い過ぎの選択肢でよく使われる言葉

「絶対」「常に」「必ず」「だけ」「のみ」「すべて」

4.不足

文中で言っていることの一部しか言っていない場合です。意外と見分けるのが難しいですが、本文中に同じ内容が書いてあるところを見つけ出し、その周辺に「または」「他には」など、並列関係の接続詞があると不足の間違い選択肢である可能性があります。

5.勝手なことをいう

文中では言っていない(ただし一般常識的には正しい)ことを書いてある選択肢です。

例えば、環境について書いてある文章で、選択肢に「環境問題の解決には一人ひとりがゴミを出さないことが大切だ」と書いてあるが、本文中にはそんなことを書いていないような場合です。やっかいなのは、常識としては正しいので、正解としてしまいたくなるということです。

ここが国語のテストのポイントで、国語は、あなたの常識や考えを聞いてはいません。あくまで、本文に何が書いてあるのかを読み取れますか?を聞いています。なので、本文に書いていないことは、例えそれが、一般常識として正しいことだったとしても、不正解になります。

13巻のまとめは以上です。いかがでしたでしょうか?役に立ちそうなテクニックはありましたか?原作に興味ある方はこちらをどうぞ!

三田紀房

場所を取らずにコレクション出来てどこでも読める電子書籍が絶対におすすめ!
※電子漫画が初めての方は初めての購入で半額分のポイントが貰え、さらに、試し読みやお得な割引セールがあったり、Yahoo!プレミアム会員と連携するキャンペーンなどお得感満載のeBookJapanがおすすめ!

続きはこちらです。

【ドラゴン桜全巻】全51種の勉強法まとめ

ドラゴン桜の全21巻から勉強方法を整理し、活用方法を含めて紹介していますよ!テストの成績を上げたい方、勉強の効率を最大にしたい方、是非、見てみてください。

教科別の勉強法

最高に効率のよい英語の勉強法7選

苦手な数学で点が取れる勉強法8選

知るだけで成績が上がる国語勉強法9選【国語はテクニック】

最高に効率のよい記憶術、理科社会の勉強法4選

全般的な勉強法

すぐに成績を上げる14個の手法【最高効率勉強法】

勉強計画を立てる時に読むべき4つのポイント

テスト直前に読むべき5つ【勉強を点につなげる】